06年4月ロンドンへ引っ越し。07年2月長男出産。育児日記っぽくなりそうです。


by onoz410

カテゴリ:ベビー連れ旅行( 11 )

ウィンザー旅行

ウィンザー旅行に行って来ました。
ウィンザーはおなじみウィンザー城のある小さな観光地で、ロンドン中心から1時間くらいで行けるので、日帰り旅行でも十分なのですが、ベビー連れで日帰りはちょっと慌ただしいかな?と思い、入籍日記念旅行でもあるので、のんびり1泊してきました。

以下、ベビー連れ旅行の記録です。

まず、電車の旅は快適でした!Waterloo から出ているウィンザー行きの電車はとても清潔で、バギーを置けるスペース付きの車両がありました。このスペースがないと、バギーを分解しなくてはいけないので、助かりました。

ウィンザーに着いた後は、ウィンザー城に直行。入城料はたしか1人16ポンドくらいと高めなのですが、チケットに付いている用紙を使って登録をすると、1年間有効のパスになります。見所満載なので、2日にわけて訪れるなんてのもいいかもしれません。私たちはそうしました。
お城の中へ入る前に、クロークにバギーを預けなくてはいけないので、まだ歩けない月齢のベビー連れの場合はスリングが必要だと思います。確かめたわけではないのですが、クロークで貸し出しをしていると聞きました。城内は清潔なカーペットが敷かれているので、ヨチヨチ歩きのベビーには最適です。ゆあんは、私かムーミンが手をつないでいれば喜んで歩くので、ずっと抱っこする必要がなく、ちょうどよかったです。

こんな感じで歩かせました↓(これはお城ではなくカフェネロなんですが笑)
b0077516_4383070.jpg


お城観光の後はホテルにチェックイン。tripadvisor.com で一番評価のよかったこちらに泊まりました。お城から目と鼻の先で、すごく便利だし、清潔でよかったです。このホテルのラウンジはふかふかのソファがたくさんあって、清潔なカーペット敷だったので、ゆあんのヨチヨチ歩きとハイハイに便利でした。また、ふわふわで甘さ控えめなスコーンが美味しかったです。宿泊でなくとも、お茶する場所としておすすめです!オムツチェンジ場もあります。

ランチは、ウィンザーの町中にある Daniel というデパートの2階にあるカフェで。なぜここかというと、ネットで事前に調べたところ、ベビーフレンドリーなカフェとして挙げられていたからです。たしかに、ハイチェアがたくさんあったし、何と言ってもおもちゃ売り場の中にあるので、食事を待つ間、おもちゃ売り場で時間をつぶすことができるのが魅力でした。

私が頼んだミートボールスバゲティは、給食のスパゲティみたいな柔らかさだったので、ゆあんに試食させてみたら、ぱくぱく食べました。自分の頼んだ食事をシェアできるって便利〜。やっとそういうお年頃になってきたのね。

夕ご飯は、バレンタインデーということもありどこのレストランも満杯だろうね、とM&Sのサラダで済ませました。ハハ。

もちょっと書きたいけど今日はここまでにします〜。
嬉しいコメントどうもありがとうございます!明日お返事させていただきますね。
[PR]
by onoz410 | 2008-02-17 04:41 | ベビー連れ旅行

帰りのフライト

何とか親子2人の12時間珍道中フライトを終えてロンドンに戻りました〜

帰りのフライトは、、、よりによって前日まったくプーをしなかったゆあんがフライト中に2回もプーしたり、離陸時にうっぎゃーと泣いたりしてヒヤヒヤものでしたが、名も知らぬ心優しき方々のおかげで乗り切ることができました!

私たちの席は中央に位置する、4人続きの席の端っこ。幸い、中2つの席は空席。もう片方の端に座ったのは、50代くらいのアフリカ系の女性でした。聞いてみると、この女性は、ガーナの人で、会議のため東京を訪れており、帰るついでに娘夫婦と初孫のいるロンドンに立ち寄るのだとか。お孫さんは6ヶ月で、ゆあんと誕生日が10日ほどしか違わないこともあって、ゆあんをかわいがってくれ、大助かりでした。お孫さんは女の子で、"God has made me happy" という意味の名前(名前じたいは失念しちゃった)なんだとか。ふだんガーナに住んでいる彼女がお孫さんに会うのは出産のとき以来初めてだそうで、とても楽しみそうにしてました。

私のように子供を連れて飛行機内を行ったり来たりしているママさんたちともお話。1人は、なんと2ヶ月の男の子を連れていた女性。日本で出産し、旦那さんが待ちわびているロンドンに帰る途中でした。息子さん、ちっちゃい〜。ゆあんもそうだったんだっけ。もう忘れちゃった、、。
また、2歳の男の子を連れ、これからロンドンに引っ越すというママさんともお話。1年半前の自分を思い出してちょっとドキドキ。息子さんがゆあんに興味を示してくれ、また、ゆあんも息子さんを見て興奮!お互いに顔を触り合いっこしてました。
着陸して、ゆあんを抱っこしたままでどうやって頭上の荷物を下ろそう、、ともたもたしていたら「手伝いましょうか?」と声をかけてくれた女性は、世界を股にかけてお仕事されているぱりっとした女性。やはり、2児のお母さんだそうで、何とフィジーにお住まい。南の島で子育てって、なんだか憧れる、、。

以前ご主人のお仕事の関係でロンドンに2年間住んだことのあるという60代くらいの女性ともお話。ロンドン時代の思い出を語ってくれました。

それぞれの目的地を目指すさまざまな人が時間と空間を共有する飛行機の旅。ゆあんがきっかけでその面白さを味わうことができました。
フライト中、寝れなかったし映画もみれなかったし食事も早業で飲み込むだけだったけど、、、いいのさ!そう、食事と言えば、「カツ丼」「野菜の煮物と巾着」美味しかったです、バージン・アトランティックさん!

ヒースロー空港に着き、いざ入国審査。英国パスポート保持者の列は短いのに、「その他パスポート保持者」は長蛇の列。近くにいた誘導員に、「息子のパスポートは英国のもので、私のは日本のものなんだけど、、」と言うと、「『その他』に並ぶしかないね」と。しょうがなく『その他』に並んで、いざ自分の番が来ると、入国審査官が「息子さんのパスポートが英国のものだから、次回からは『英国パスポート保持者』の列に並ぶように」だって。「このアバウトさ。嗚呼、英国に戻ったなあ、、、」と感慨深いスタートでした。

出迎えたムーミンとともに自宅に戻ると、ムーミンからゆあんにおおがかりなプレゼントが。それについては次回〜。
[PR]
by onoz410 | 2007-09-30 19:52 | ベビー連れ旅行

東京 四日目

いよいよ短い東京ステイも終わりに近づいた。

4時くらいからゆあんはお目目ギンギン。6時半、レストラン開始とともに朝食、その後また3人とも爆睡。

その後、ロンドンで知り合ったMさんと再会。Mさんのオフィスは、なんと今話題のミッドタウン!折角なので、ということで、ミッドタウンでMさんお勧めの「自然派イタリアン」かのびあーのかふぇでランチ。上品という言葉がぴったりのMさんと、めったに食すことのない、スマートなコース料理をいただき、特別気分でした♪「ロンドンの何が懐かしいですか?」との質問に対する、「空気の匂い」とのMさんのお答えに共感。とくに、冬場の通勤時間帯は、キーンと冷たい空気に、テイクアウェイのカフェから流れるコーヒーやマフィンの匂いが混ざって、なんともいえない調和を感じますね。次はロンドンで会いましょうね!

三越の地下でオムツなどの買い物。日本のサービス業は本当に素晴らしいとひしひしと感じる。お惣菜の「水菜とゴボウと鮭のサラダ」をつい買ってしまう。

夜は、同郷のMちゃんがホテルまで来てくれたので、ホテルのレストランで食事。ホテル価格のディナーメニューに、びびる私は地味にパスタを頼む一方、キャリアウーマンのMちゃんはドーンとビュッフェ6,800円也(ドリンク別)!カッコイイ…。Mちゃんは今たくさんのことを背負ってしまっているのだけれど、自分なりの対処法を生み出していて、力強い。名言をたくさん残してくれました。

そうそう、今日はゆあんから私たちに向けて2大ニュースがありました。
1.歯が生えてきた
2.つかまり立ちをした


明日はいよいよド田舎・実家へ。畑と田んぼに囲まれて自然とたわむれて来ます。
[PR]
by onoz410 | 2007-08-28 22:08 | ベビー連れ旅行

東京 三日目

ゆあんは一日中寝てばかり。時差ぼけもあるけど、赤ちゃんなりに旅疲れもあるんだろうか、、。申し訳ない。

仕事の合間をぬって時間を作ってくれたLとジャイタイ・パレスでランチ。パッタイにしたけど、後でご飯ものにすりゃよかった~と後悔。ゆあんはLに魅了された様子で、ずーっとLを見ていた。東京を離れる予定のL、今後は帰国しても会えないのか…と思うと寂しい。

その後、こちらも忙しいはずのタロママちゃんが来てくれた。私も目標を作らねば!と刺激をいただきました。夕方、タロママちゃんと、私のお気に入りカフェ、ルシノワクラブ(一続きにしちゃえっ)へ。あんじぇら殿、くけ子氏(笑)、Kちゃん、C姐さんが合流。薬膳メニューがウリのこのカフェ。豆乳と白味噌のフォーを食べたいと思いつつ、ゆあんがいるから片手で食べねばいけないんだ…と思い直し、結局頼んだのはマンゴジュースとほうれん草のカレー。カレーには白米じゃなくて玄米がついていて、美味しかった。途中ゆあんのプーで2回も中断しちゃったけど、とっても楽しかった~。皆様ありがとう!

帰り道、近くで飲んでいたムーミン様ご一行と遭遇。ムーミンはさらに別の場所にのみに、私はゆあんを連れてホテルへ帰宅。ムーミンが行ったバーは、何てことない普通の立ち飲み系バーなんだけど、なんと、くえんてぃんたらんてぃーのが足しげく通うバーなのだ!ムーミンの知人は飲み友になったらしい。
ホテル近くに住むムーミン同僚のE女史がホテルまで送ってくれた。どうもありがとう~。

夜、買ってみたくて買った、じょえるろぶしょんのケーキを2個一気に食べた。だって甘さ控えめで小ぶりなんだもの。

相変わらず眠れない…
[PR]
by onoz410 | 2007-08-28 02:34 | ベビー連れ旅行

東京 二日目

二日目の記録をざざっと。

早朝、あまりに空腹で、6時半ホテル朝食スタート同時に1人で朝食に走る。久しぶりの和食~。久しぶりの巨峰ににんまり。

ラマアちゃんご夫妻&キッズとニナス・カフェ(?)でランチ。私はボンゴレビアンコ。ボンゴレピアンコって、イギリスのイタリアンではない表現ですよね?イギリスではなんて呼ばれているんだっけ…。フェンネル・ソースとは違いますよね。
育児の先輩ラマアちゃんはとても頼りになる存在。素敵なプレゼントもありがとう!長男君、最後に会ったときは赤ちゃんだったのに、今はしっかり歩いてしゃべって…一挙一同に目が釘付け。ゆあんとほぼ同時に誕生した次男君は天使のような甘いマスクで、これからが楽しみだね~。ゆあんは次男君と向かい合わせたらうきっと喜んでいた。いつか一緒に遊べるといいね。

ランチの後は、ムーミンのお仲間と。ここでも、1歳の男の子が。男の子いっぱいだ~。しかも、皆ミックス。

夕方は、ホテルの部屋でNちゃん、Mちゃん、Cと再会。海鮮チヂミ、チャプチェ、お寿司、Mちゃんお手製の散らし寿司をつまんで近況報告。皆それぞれ、いろいろな思いを抱えてて、久しぶりに育児以外のことに思いを馳せた。皆が帰った後も、感覚が覚醒しちゃって、いろんな思いが頭の中をぐるぐると…。そういう経験をさせてくれてどうもありがとう!

Cが折角美味しいケーキ類をたんまり買ってきてくれたのに、私のミスで皆に出し損ね…(本当にごめんね!!)丑三つ時、1人でケーキを大量食いさせていただきました。美味でした。
[PR]
by onoz410 | 2007-08-27 16:45 | ベビー連れ旅行

東京 初日

長いながーいベビー連れフライトを乗り越え、東京に着きました♪
予想通りの時差ぼけで眠れないため、ちょっと記録を…

成田到着後、湿度の違いを改めて感じる。1年半のあいだ、イギリスのさらっとした空気になれちゃっていたんだね、、。いやー空気が重い重い。

ホテル直行のリムジンバスを待っていると、見かけぬおば様から、「ヒースロー組ね!ばいばーい」と声をかけられた。11時間運命をともにした旅仲間よ、さようなら。(到着まで存在に気づかなかったが…)

土曜でホテルが混雑しており、1時半にならないと部屋の準備ができないとのことなので、プリペイド携帯購入の手続きをとり、その後腹ごなしに、恵比寿三越のパパスカフェへ。まずテーブルに着くなりささっと冷たいお水が出てくることに感動。そして、ゆあんの分までおしぼりが与えられたことにまた感動。久しぶりのハヤシライスにこれまた感動。眠たくてしょうがない(けど眠れない)ゆあんが愚図って片手で食べる羽目になったけど。

ちょうど1時半にホテルの部屋に入り、お風呂のあと3人とも爆睡。ゆあんは8時まで寝てた。よほど疲れたんだね、、。三越のデパ地下で夕食を買おうと思っていたのに、ゆあんが起きる頃にはデパート閉まっちゃったので、必殺デリバリーの技。ホテルなのに…。でも、3,000円のカツ丼をルームサービスで頼むのは気がひけたし… 頼んだのは、東京在住時にときどき利用していたサルバトーレクオモ。ベジタリアンピザ、ライスコロッケ、トマトサラダ、バナナチョコケーキ。ムーミンと競うようにがっついた。

9時頃、アイリッシュの友達RとGFさんがホテルに到着、ひさびさの再会。GFさんとは初対面。ホテルのラウンジでバナナシェイクとメープルシフォンケーキを。うひひ。しかもRが奢ってくれた。グラシアス!ちょっと年下のRは、常にビールばっか飲んでたので、会うたびに「野菜食べなさい」といい続けた私は、「マム」と呼ばれていた。血のつながらない弟(?)ゆあんと初対面。時差ぼけのため、お目目ぱっちりのゆあんを11時半頃まで連れまわしていたけど、周囲の人にひどい母親だと思われていたかもしれない 汗

明日はたくさん人に会う予定。寝ないといけないんだけど、眠れない~!!
[PR]
by onoz410 | 2007-08-26 04:07 | ベビー連れ旅行

帰国準備のあれこれ

今月末に里帰りをするので、そろそろ準備を始めた。
いい歳して顔をくしゃくしゃにして泣きながら、見送りに来た両親に別れを告げ、成田空港をあとにしてから1年5ヶ月。久しぶりの日本。

実家に戻る前に、数日、東京でお友達とキャッチアップの予定。で、ベビー連れで東京ってどうなの?と調べてみたら… 大きな駅やデパートなど、あちこちに「授乳室」なるものがあるではありませんか!

授乳室ガイド→http://junyu.babymilk.jp/index.htm

ロンドンでは、限られたベビー用品店くらいでしか授乳室ってないですよね?東京のほうが、授乳中の外出しやすいみたい。これは意外な発見でした。

私たちが泊まる予定のホテルでは、ベビー連れだとベッドガードやコットの他に、オムツ専用ゴミ箱も貸してくれるとか!この配慮も嬉しい。

帰国にあたり、頭の悩ませどころが、(ゆあんの)時差ぼけ、気候・湿度の違い、飛行機内でのあれこれ。特に飛行機内が心配だ〜。行きはムーミンいるからいいんだけど、帰りは怖い…。
「か」(なかなか変換できない)の存在も気になるところ。こんなのをネットで見つけた。刺されたときのために、tea tree oil 持って行こうと思うのだけれど、ベビーには刺激が強すぎるかな。

また、日本で健康診断を受けたり、歯医者に行ったりしたいのだけれど、保険をどうするかも悩みどころ。今入っている旅行保険は、28日以上の長期滞在には効かないのだ。

お土産も悩む!イギリス土産、紅茶とクッキー以外に何があるだろう?

自問自答の日記でした、、。
[PR]
by onoz410 | 2007-08-14 06:57 | ベビー連れ旅行
3泊4日の旅程のうち、最後にちらっとブリュッセルをみただけで、ほとんどの時間をブルージュ市内で過ごしました。昔は、海外旅行の楽しみはその国の文化に触れたり、異なる価値観を見いだしたり、何かしらインスピレーションをもらうことでしたが、今回の旅の目的はただ1つ:息抜き。なので、博物館にも美術館にも行かず(あ、チョコレート・ミュージアムへは行きました…笑)、まったりと過ごしました。

小さい市内なので、徒歩で十分周れます。ゆあんの乗り物は、場合によってバギーか、Baby Bjorn のスリング。彼はあまりバギー好きではないので、スリングの方がご機嫌率高いのですが、日よけが問題でした。(バギーだと、UVカットの sunshade やら、日傘やらがあるので、その点は楽。)クリームはあまり塗りたくなかったので(どうしても口に入っちゃうから)、常に日除け帽着用で、あとはなるべく日陰を歩くようにしました。

ブルージュ観光のアシは、ボートと馬車。どっちも乗りましたが、ボートはゆあんが愚図ってしまい、楽しめませんでした。

馬車乗ってます。向かい風が気持ちいいみたい。授乳直後だったので、よだれかけしてます。
b0077516_794956.jpg


b0077516_7101416.jpg


ゆあんの授乳間隔は3〜4時間なので、そのサイクルで観光に出かけてはホテルに戻る、の繰り返し。私たち的にも、疲れすぎなくてよかったかも。ホテルは中心街のすぐ近くだったので、助かりました。

ボートツアーの途中。
b0077516_713192.jpg


ホテルの窓からの景色。すぐ前は川でした。夕暮れは、夜10時。
b0077516_7142250.jpg

これもホテルの窓から。こっちは朝。
b0077516_7281942.jpg

[PR]
by onoz410 | 2007-07-27 07:14 | ベビー連れ旅行
ベルギー、と言えばムール貝ですが、今回の旅行ではムール貝食べませんでした。
理由は、ムール貝を食べるのには両手が必要だから。ゆあんがバギーで寝静まったころを見計らって、レストランへ行っていましたが、ゆあんが起きそうになる度にバギーを片手で動かして再度眠りへと導くという技をやりたかったので。

夜は、ベビー連れ外食は疲れるので、ホテルの部屋でサンドイッチを食べました。ハハ…。

ブルージュではこんなのを食べました
まず基本ワッフル。これはまあまあ普通の味でしたが、立ち寄ったブリュッセルのカフェで食べた生クリームが乗ったワッフルは、外がかりっと、中がしっとりとしていて最高に美味でした。写真ないんですが…。
b0077516_6493016.jpg


ブルージュでは、チョコレート屋さんの数に圧倒されました。朝昼晩と、一日中チョコ食べてました…。
b0077516_6495184.jpg


waterzooi と言う、郷土料理。本来は魚をシチューにしたものらしいですが、昨今は魚のかわりにチキンが使われるとか。これもチキン版です。魚版が食べたかった!
b0077516_6501062.jpg


これが一番美味しかったです。いろんな魚のグラタン。奥は、ベジタリアンのムーミンが頼んだペストソースのパスタ(笑)ベルギーまで来てイタリアンかい。そういえば,パリに行ったときも、イタリアンレストランに行ってたなあ…。
b0077516_6503180.jpg

[PR]
by onoz410 | 2007-07-26 07:03 | ベビー連れ旅行
今回のベルギー旅行は、ユーロスターのチケット+ホテルがセットになった、いわゆるパッケージ旅行でした。ウリの1つが、ユーロスター「ファーストクラス無料アップグレード」!これ、ベビー連れとしてはかなりよかったです。

よかった その1
私たちの席は、向かい合わせの2人席だったのですが、4人用のボックス席が空いていたので「自由にうつっていいよ」と言われたこと

よかった その2
アテンダントの人にオムツ交換所はどこ?と聞くと、「○×号車だけど、そこまで行くのは遠いだろうから、スタッフ用の部屋を使っていいよ。鍵を開けておくから、自由に使って。」と言われたこと

ブリュッセルまでは片道2時間半だったかな?海底トンネルをくぐる時、耳が「キーン」となってゆあんが泣いたので、授乳タイムじゃなかったけれど、車内で授乳しました。おしゃぶりがあったら便利だったかも!

寝返りたくてしょうがないお年頃の彼は、私の膝上でこうなっちゃってました ↓
b0077516_664722.jpg


ブリュッセルからブルージュまでは40分強?(よく覚えてないのですが、思ったより短かったです)の電車の旅。電車内は、平日のお昼だったせいか空いていて、気兼ねなく授乳できそうな雰囲気でした。ここでは、バギーは折り畳まずに出口付近に駐車できました。

ブルージュ駅からは、徒歩でホテルに向かいました。「石畳だから、バギーで歩くのはきついかも?」と事前に電話確認したホテルの人が言っていたのですが、ゆあんのバギーは車輪が大きめタイプなので、あまり衝撃がなく大丈夫でした。

帰りは、駅までミニバスを利用しましたが、ロンドンのブラックキャブのようにシートのないスペースがないのでバギーは折り畳まなくてはいけませんでした。ベルギーでは、カーシート着用が義務づけられていない(着用しなくても罰せられることはない)ようで、ゆあんは抱っこして乗りました。潜在的に危険なのかもしれませんが、ほんの5分くらいの乗車なので、いいかな、、と。
[PR]
by onoz410 | 2007-07-26 06:23 | ベビー連れ旅行